四国別格二十霊場 
第3番札所 慈眼寺(じげんじ)

 

住所 〒771-4505  徳島県勝浦郡上勝町正木   電話  08854−5−0044

本 尊:十一面観世音菩薩  開 基:弘法大師  宗派:高野山真言宗
      真 言  おん、まか、きゃろにきゃ、そわか
      御詠歌  天とふや鶴の奥山おくたへて願ふ功力に法ぞ通はむ
    

1月1日   新春初会式
2月3日   節分星祭護摩祈擣会
2月4日   古札供養会(古い御札、御守等の焼上げ)
3月21日  弘法大師正御影供養
5月5日   大般若祈鵡会、先祖供養

◎一般御祈喘、御供養毎日修行
◎当院名物、中風除け桑の念珠、観音様眼の御守、安産守、絵ハガキ
◎御宿泊

 当山は古義真言宗高野派に属し、山号を月
頂山、院号を宝珠院と称されている。
 延暦年間(西暦七八二〜八〇五)、桓武天皇
の御代の事である。弘法大師その御年十九オ
の砌、末代衆生 (あらゆる人々) の生活苦、
病苦等一切の苦厄 (四苦八苦) を除かんがた
め当地を御巡錫して、おられた時の事である。
大師は深山霊谷のその又奥に霊気漂う不思議
なる鍾乳洞を発見し(穴禅定)、邪気祓いのた
め洞由屈の入口で護摩祈 蒔の御修行をなされた。
その結願も近いある日、洞窟内に巣くってい
た悪龍惣然として現われ出て、大師めがけて
猛然と襲いかかりました。大師慌てずひるま
ず秘密真言を唱、そつち、その法力を以て悪摩
悪龍を洞屈の璧に封じ込め、二十一日間の加
持をしてさらに、霊木に一刀三礼して十一面
観音様を刻み、霊験あらたかなる行場として
その秘法を末代の修行者のために残されたの
である。また、当山は、四国八十八ケ所第二
十番鶴林寺の奥の院としでもその名は広く知
られ全国から数多くの参拝者を集めている、


 

















春の慈眼寺




秋の慈眼寺
















穴 禅 定 行 場 へ 行 っ て み よ う

禅定行代3名以上1名1000円 2名時1人1500円 1名時3000円
雨時と入穴出来ない時ありますので電話確認したほうがいいです 
納経所で納め白衣を借り徒歩で入り口まで20分
所用時間約1時間程度




  大師堂左から徒歩20分

途中お迎え大師が迎えてくれます

穴禅定入口 案内のおばちゃんに従い入穴

入り口で待つ 名古屋の沢野様御一行





上勝町から慈眼寺行く途中



















別格第4番札所 鯖大師 八坂寺へ行

別格一覧へもどる

徳島個人中村タクシーメインページ にもどる


四国別格20霊場会公認先達
770−8071 
徳島市八万町中津山4−129
個人 中村タクシ−
携帯 090−8281−4679
電話 088−653−0280
FAX 088−653−0480
mailto:n-taxi@js3.so-net.ne.jp