四国88箇所霊場 第十三番札所 大日寺 だいにちじ

住所      徳島市一宮町西町376  電話 088−644−0069  
         県道21号線沿い 
         宿坊有り 100人程度 駐車場は寺より200m上 30台程度 大型車可能 
すぐ横に民宿あり 名西旅館088−644−0025 かどや 088−644−0411

開基は弘法大師。本尊彫刻は行基菩薩。弘仁六年(八一五) この地を巡錫中の弘法大師が「大師が森」 
で護摩修法をされていると、空中に紫雲と共に大日如来が出現し「この地は霊域なり、心あらば一宇を建
立せよ」と告げられた。感得した大師は尊影の大日如来を刻んで本尊とし、堂宇を建立して安置した。
大日如来像が本尊となっていたが、明治初年の神仏分離令により、一宮の本地仏だった十一面観音が大
日寺へ移された。そのため、もともとこの寺にあった大日如来が脇仏となり、十一面観音が本尊になったと
いう。またこの寺も天正の兵火に焼かれて、興亡を重ねている。門を入ると、左手に本堂が本堂の正面に大
師堂がある本堂のすぐそばには、合掌をしている観音像がある。合掌しているその両手の中に、小さい観音
像がいる。これは「しあわせ観音」と呼ばれているとか。


新しく山門完成しました







春の大日寺


本尊      十一面観世音菩薩   開基 弘法大師    
本尊の真言  おん まか きやろりきや そわか


いあわせ観音

山門を入った正面の所には、合掌して
いる両手の中に小さな観音像が入った
「しあわせ観音」と言われる観音像が
建っている。その名の通り幸せを願い
祈るといいとされ、多くの参拝客に親
しまれているそう。その他、しあわせ
観音の裏側には小さな池があり竜王
像を取り囲むように七福神像が建っ
ていたり、境内には水子地蔵、子安
地蔵専なども祀られている
建治寺

大日寺より1kmほど12番札所方向に
向かい交番を過ぎて200メートルほど
の所に橋があるこれを左折(看板有り)
山中には十三番札所の奥の院とされる
建治寺がある。ここはもともと修験の祖
として知られる役小角(えんのおづぬ)
が開いた修行の地とされているだけあり、
深山幽谷といった雰囲気が療う。ここの
護摩祈祷をする住職を介して授けられる
言葉は、悩みこと解決の霊示「おうかが
い」とも呼ばれ、病気、先祖からの因縁、
霊的な障害などあらゆることが解るのだ
とか。その青葉のおかげで不眠症や神
経症が快方に向かった例もあるそうだ。
弘法大師もここで荒行に励んだと言われ、
背から霊気の強い場所だったのかも知れ
ない。訪れたならば一度祈祷をお願いし
てみるのもいいかも。本尊は金剛蔵王大
権現。






お申し込みは下まで   
770-8071 徳島市八万町中津山4−129 
徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
                電話 088−653−0280 FAX 088−653−0480 
携帯 090−8281−4679    
n-taxi@js3.so-net.ne.jp

個人中村タクシーメインページ にもどる / 第14番札所  常楽寺へ行く