四国霊場 第41番 龍光寺

住所  愛媛県北宇和郡三間町字 大戸雁173 宿坊なし 駐車場25台 大型不可
電話  0895−58−2186

本尊 大日如来
開基  弘法大師

本尊の真言  おん まか きやろにきや そわか  

大同2(807)年に弘法大師がこの地を巡錫していると、稲を背負ったおじいさんが現れて「私はいつまで
もこの地に住んで法教を守り、諸民の幸を守りましょう」と大師に告げると姿を消してしまった。大師は仏
法流布を誓いし老人こそこれ五穀大明神の化身ならんと尊像の十一面観世音菩薩を、さらに脇士に不動
明王、毘沙門天を刻み、堂字を建立して安置し稲荷山・龍光寺と名付け四国霊場総鎮守の寺として開創
し、四国霊場四十一番札所と定められた。それらの由緒をもっている寺だが、明治初年の廃仏毀釈でもと
の本堂は稲荷社となった。新しく下段に本堂を建て本地仏の十一面観音が本尊となり、脇士の不動明王
と毘沙門天が安置され、稲荷明神も大師勧請がゆえに、本尊と一緒に祀られている。これが「三間のお稲
荷さん」と呼ばれるゆえんである。

本 堂

大 師 堂

かつてほ石段の凝1にある稲荷神社が本堂とされていたが、明治初年に神仏分離令が発布され、
現在の本堂を建立した木々に歯まれた本堂は、ひっそりとしたたたずまいで世外境地の趣を
たたえている。また大師堂は、小さいながらも風格を感じさせる。こちらも樹木に囲まれており風情満点だ。












納 経 所


お稲荷さんの大祭り
例年、3月の第1日曜には、お稲荷さんの大祭が行われているこれは、弘法大師が出会っ
た五穀大明神をまつるもので、当日は五穀豊穣や商売繁盛を祈願する人で大いににぎわう

お申し込みは下まで   四国霊場会公認先達
770-8071 徳島市八万町中津山4−129 
徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
                電話 088−653−0280  FAX 088−653−0480
携帯 090−8281−4679    
                    n-taxi@js3.so-net.ne.jp


メインページ にもどる /  42番仏木寺へ行く